コラム

アフィリエイトについて

皆さんは、アフィリエイトプログラムについて、どのような印象を持たれているのでしょうか?
時々聞くのが、「お金儲けにするのは良くない」ということです。
ですが、本当にそうでしょうか?

ホームページを運営するには、労力もお金も要ります。
このサイトでも記事の書き方等を書いてきましたが、確かに、「本の知識を利用しよう」というような趣旨のことも書きました。
しかし、勘違いしてほしくないのは、盗作をしようということではありません。
あくまで、勉強して自分の知識にして公開しようというものです。
勉強するのに、ほとんどの人が本を読むのではないでしょうか?

全てのことを自分で思いつける人はいません。
本なり、テレビなり、インターネットサイトなりをみて勉強するはずです。
その労力の見返りとしてアフィリエイトがある。

つまり、良質のアフィリエイトサイトが増えることで、ユーザーは無料で良い情報を得ることが出来るわけです。

たしかに、反面、儲かればよいという風潮があることも事実です。
自動でブログの記事を作成したりするものもありますが、こんなものは何の意味もありません。
こういったものは私も不要と感じています。

例えば、私はパソコン関係のサイトを運営しております。
初心者向けサイトですが、これと同じ内容のものを複数運営することは無意味です。
ですが、MOSなどのパソコンの資格関係のサイトを作成し、その中の一部の同様の記事を掲載することは意味があります。
何故なら、いちいち両方のサイトをうろうろするのも面倒ですし、また資格を目指す方が初心者向けのどこまで見てよいかわからないからです。
つまり、ターゲットやテーマが違えば、似た記事を流用することも意味があります。

ホームページは、お店にたとえることができると思います。
アフィリエイトは、紹介者還元サービスです。
カルチャースクールなどでも、入会金半額とかやりますね。

SEOは、広告宣伝作業ということになります。
どんなに良いサービスでもお店に来て商品を見てもらわないと良さがわかりません。
そのためにするのがSEOです。
単に内容のないサイトで上位に来ても意味がないのです。

ですから、裏技的なSEOはやらないほうが良いというのが私の見解です。
また、これは、普遍的なものではありませんからね。
普遍的なものをすることで、逆に余計な事に一喜一憂する必要がないわけです。

アフィリエイト市場そのものを拡大することが、今後のアフィリエイターの利益になるわけですから、良質のサイトを作り続けましょう。

2007年03月16日 10:28